素材について

素材の選定・所要量に関しては、それぞれのアイテムに適した素材を手芸店の店員さんに相談に乗ってもらいながら決めると 失敗が少ないのではないかと思います。

所要量の算出は、柄や生地幅などさまざまなケースがございますので当方ではできません。。。ご了承ください。

既製品や手芸店にある出来上がりサンプルを実際に見て参考にされるとわかりやすくておすすめです。

 
布地の水通し
地の目直し
当工房では、布地の水通しおよび地の目直しは行っておりません。
こちらへお送りいただく前にご自身で行っていただく場合には、洗ったあとに糊付けをし直して下さい。
洗濯頻度の高いアイテムをコットンやリネン等、水洗いで縮みやすい素材を水通しせずに縫製する場合は、
2~3%程大きなサイズをご指定くださることをお勧めいたしております。
!ご注意を!
お取り扱いできない素材
一般的に園児・児童が使う布製グッズの範疇で素材選びをお願い致します。
判断が難しい場合には素材の詳細をご記入の上、事前にお問い合わせください。
  • ラミネート加工を施してある布地
  • ニット状に編まれた生地
  • 厚手の帆布や厚手のデニム・革や合成皮革など一般的な通園グッズには使われていない布地(帆布の場合は薄手の部類の11号~10号までは縫製可)
  • ハードタイプの接着芯(本格的なカバン等に使用するような硬いもの)
申し訳ございませんが、これらが縫える設備(ミシンなどの機械)が当ショップにはございませんので、あらかじめご了承くださいませ。
柄のある布 大きめチェックや方向性のある柄等、柄あわせの必要のある素材は無地のものよりもかなり多くの所要量が必要です。
必ず多めにご用意くださるようお願いいたします。
ご用意いただく素材はお客様ごとに生地幅や柄の大きさなどが多岐にわたりますため当店では算出できかねます事をご理解くださいませ。

複数のアイテムに共通して使用する素材に関しましては、なるべく切り離さずにお送りください。
裁断の際に効率よく配置いたしますので、余りが多く出ることもございますが、すべて完成品と共に返却いたしておりますので有効にご活用いただければと存じます。
縫い糸は工房にて無料でご用意しています。
デザイン上、飾りステッチ用など、お色や太さの指定がある場合には、お客様の方で揃えていただき、他の素材と共にお送りくださいませ。
ただし、太さの上限は30番手とさせていただきます。
マジックテープ 縫製用と記載された物をご用意ください。
裏に接着剤のついたシール状の物は針目が飛んだり糸切れする場合があります。
接着芯 基本的には、素材にあわせて当工房に適宜無料でご用意いたしております。
本格的なカバンに使用するようなハードタイプの芯はご利用いただけませんのでご了承ください。
裏地 裏付き仕様をご希望の際は、裏地もご用意ください。
材質は表生地にあわせると表と裏の縮率が近くなりますので洗濯しても型崩れしにくくになります。
例)表地:コットンキルトに対して、裏地:コットンシーチングなど
カン類 Dカン、角カンなどさまざまな種類が市販されています。
種類、サイズ、個数の間違いやすい服資材です。
通すテープの幅と照らし合わせて確認をお願いいたします。
用途別
素材選びのポイント
  • よく洗濯をするアイテムには洗剤・摩擦・アイロンの熱等に強いコットンやリネンをおすすめします。
    飾り用にリボンテープ等を使用する場合もなるべく洗濯に耐えられるものを選ぶようにしてください
  • 巾着用には、厚みのある硬い生地は適しません。紐がしぼりづらくなります。
    切替え部分には使用できます。
  • 手提げなどの表地に薄めの布を使用したい場合には、裏地としてキルト生地を利用すると形態安定と補強の効果があります。
バイアステープ 布のふちをくるむためのバイアス(バイヤス)テープは四つ折りのものをご用意ください。

お好みの生地から作ることも可能です。(ブロードやシーチング等、厚みの少ない、平織りの生地が適しています)
斜め45度にカットしますので、使用箇所が長い場合は生地をかなり消費します為、所要量に余裕が必要です。
ネームタグ
名札
名入れ等の刺繍加工・プリント加工は承っておりません。
ネームタグの縫い付けをご希望の場合には、あらかじめお名前の入った物をご用意いただくか、完成後にご記入いただけますようお願いいたします。
飾りパーツ
  • 飾りは、洗濯をするアイテムに使用する際はなるべく洗濯に耐えられるものを選ぶようにしてください
  • ワッペンやリボンテープ、レースモチーフ等、熱接着のタイプもそうでないタイプも周囲をミシンステッチで縫い留めて仕上げております。お好みのタイプをお選びください。
手作りで
アップリケ
既成のワッペンではないアップリケをご希望の場合
素材を出来上がりの形に切り抜いたものをご用意ください。
ご指示の位置へ周囲をミシンで縫い付けます。
素材は洗えるフェルトや接着芯を貼ったハギレなどが適しています。